ここから本文です

<大阪・消防学校>一部学生、溶連菌の陽性反応

毎日新聞 9月12日(月)21時2分配信

 大阪府立消防学校の学生142人が発熱などの体調不良を訴えた問題で、府は12日、学生の一部から「溶連菌」の陽性反応が出たと発表した。一方で陰性の学生もおり、府が原因を調べている。

 142人に重症者はいなかった。同校が12日に欠席した78人に聞き取ったところ、病院で受けた検査で溶連菌の陽性またはその疑いがあるのが12人、陰性が51人だった。溶連菌に感染すると、熱や喉の痛みなどの症状が出るという。【牧野宏美】

最終更新:9月12日(月)21時2分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。