ここから本文です

東日本大震災の影響 大震災の前兆ではない=韓国南部の地震

聯合ニュース 9月12日(月)23時21分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国気象庁によると、12日午後8時32分、南東部の慶尚北道慶州市を震源とするマグニチュード(M)5.8の地震が発生した。M5.8は韓国で観測史上最大規模。今回の地震は5年前の東日本大震災の影響とされる。専門家らは韓国で大震災が発生する可能性はほぼないとするが、このところ地震が頻発していることについて懸念を示している。

 韓国地質資源研究院の池憲哲(チ・ホンチョル)地震研究センター長は聯合ニュースの取材に対し、「今回の地震も東日本大震災の影響で発生したとみられる」との考えを示した。「大震災のストレスを解消する過程で余震が発生している」と説明。「ただ、想定以上に地震が頻発していることには当惑している」と述べた。

 同氏は今回の地震が大規模な地震につながる可能性はないと断言した。「前例がない地震ではなく、過去にも地震が発生した地域のため、特別な現象ではない」として、「これからもM5.5以下の地震は起こる可能性はあるが、大規模な地震は起こりにくい構造」と強調した。

 韓国・釜山大のソン・ムン教授も今回の地震が大地震の前兆ではないと説明。「1978年に地震の観測が始まって以来、この断層で地震が発生したのは初めて」とした上で、「慶州には原子力発電所や核燃料処理施設もあるため、注意しなければならない」と懸念を示した。

最終更新:9月12日(月)23時23分

聯合ニュース