ここから本文です

外薗昌也が原作手がける、脳内で体感プレイするゲーム題材のサバイバルホラー

コミックナタリー 9/12(月) 19:02配信

外薗昌也原作によるpikomaroの新連載「死のゲーム」が、本日9月12日にゴラクエッグにてスタートした。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「死のゲーム」は電気信号を脳に直接送りこみ、脳内で体感プレイする次世代型アドベンチャーゲーム「マーダーズ」を題材にしたサバイバルホラー。自分の感情を抑えることの苦手な高校生のシュウが、ケンカが原因で距離を置かれていた恋人のハルカに、「マーダーズ」のモニターテストに参加しないかと誘われたことから物語は動き出す。

最終更新:9/12(月) 19:02

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]