ここから本文です

東京→岡山タクシー代21万7410円踏み倒す

日刊スポーツ 9月12日(月)10時19分配信

 タクシーで東京~岡山を無賃乗車したとして、岡山県警は11日までに詐欺の疑いで、住所不定、自称無職遠藤稔容疑者(49)を逮捕した。逮捕容疑は10日午前5時40分ごろ、東京都大田区内の路上でタクシーを拾い、「帰省するので岡山へ」などと男性運転手(55)にうそを言って岡山県赤磐市まで走らせ、運賃と高速道路の通行料金計21万7410円を支払わなかった疑い。

 赤磐署によると、「友人が払ってくれる」などと運転手に告げて乗車。岡山市内の高校出身で、高校時代の友人の名前を語ったという。しかし、友人宅とする目的地が実在せず、運転手が10日午後6時ごろ、赤磐市内の交番で友人宅を尋ねた。不審に思った署員が遠藤容疑者に事情を聴いた。

 署員がこの友人に連絡したところ、この友人は「高校卒業以来、音信不通」と返答した。同容疑者の虚偽発言を確認し、無賃乗車と判断。同日午後11時過ぎに逮捕した。同容疑者は「払うつもりはあった」と容疑を否認したが、所持金は300円に満たなかった。

 高校卒業後は日本各地を転々とし、今回のような詐欺の犯歴があるという。

 高速使用ルートは不明だが、東京ICから岡山ICまでの一般的なルートは、約637キロの距離がある。

最終更新:9月12日(月)11時44分

日刊スポーツ