ここから本文です

MSI、2バッテリ搭載のバックパックPCを東京ゲームショウで世界初公開

Impress Watch 9月12日(月)18時27分配信

 今年(2016年)6月の台湾COMPUTEX会場にて、MSIがVR向けとするバックパックPCの試作機を展示して話題となったが、その製品版となる「MSI VR One」が、15日から開催される東京ゲームショウで世界で初めて一般公開される運びとなった。

【この記事に関する別の画像を見る】

 VR HMDを出しているViveと協力して開発されたという背負うタイプのPCで、VR体験の大きな制限となっていたケーブルの取り回しを改善できるのが特徴。重量は3.6kg。Viveのコネクタ類いに合わせ、映像出力インターフェイスにHDMI、Mini DisplayPortを備えるほか、Thunderbolt 3も採用している。また、USB 3.0ポートを4基搭載する。

 GPUはPascal世代のGeForce GTX 1000シリーズを採用し、さらにオーバークロックした状態で搭載。静音性と冷却性を両立するため、独自に2基のファンと9本のヒートパイプを組み合わせた冷却機構を設計し、動作音を41dB以下に抑えている。

 本体に着脱可能なカートリッジ式のバッテリを2個搭載でき、片方を取り外して充電しながら、もう一方のバッテリでゲームをプレイするといったホットスワップ利用が可能。残量はLEDインジケータにより4段階で確認できる。バッテリ駆動時間は約1.5時間。なお、ケーブルの制約は発生するが、ACアダプタを直結して使用することもできる。

 このほか、独自ユーティリティの「Dragon Center」が付属しており、VRデバイスを接続するだけで全ての設定がVR向けに最適化される「1クリックVR」、設定条件に合わせて最大の性能が発揮できるようにする「SHIFT」、同一LAN上にあるiOS/Androidデバイスから本体のステータスの監視や設定を変更する「モバイルセンター」などを使用できる。

 まだ仕様が公開されていないため、搭載CPUやメモリなど細かいスペックは現時点では不明。気になる方は幕張メッセに足を運んで直接確認されたい。

PC Watch,中村 真司

最終更新:9月12日(月)18時27分

Impress Watch