ここから本文です

【野村謙二郎の視点】塹江起用は次世代育成へ強い意思表示

スポニチアネックス 9月12日(月)8時38分配信

 ◇セ・リーグ 広島0-8巨人(2016年9月11日 東京D)

 プロ初登板だった塹江(ほりえ)は優勝決定の翌日、独特の雰囲気の中で投げさせてもらった意味を感じてほしい。優勝が決まったばかりでも新しい素材を見いだし、次の世代を育てていくという強い意思表示だった。常に人材の発掘と育成を続けてきたから、いまのチームがある。それは優勝しても変わらない。今回の塹江も2軍からの推薦があり、認められたからマウンドへ送り出された。確かに打たれて悔しかったと思う。次にどう生かすか。しっかり考えてほしい。

 クライマックスシリーズへ照準を切り替えた最初の一戦。最大6試合を戦うファイナルステージへ向けてジョンソン、野村、黒田の先発3本柱は固まっている。もつれた場合に備えて4番手以降の人選が大切になってくる。ヘーゲンズは8月半ばから先発陣の穴を埋めてきた一方、シーズン前半戦は救援陣の一角を担う存在だった。岡田は腕が振れるようになってきたし、威力のある速球が低めに集まり、空振りも取れていた。首脳陣も投手陣の再整備を頭に入れて残り11試合に臨むはずだ。(スポニチ本紙評論家)

最終更新:9月12日(月)8時38分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]