ここから本文です

KDDIが「スペースチャンネル5」×VR、「HTC VIVE」で

Impress Watch 9月12日(月)18時39分配信

 9月17日から一般向けに開催される「東京ゲームショウ2016」に、KDDIがVR(仮想現実)を舞台にしたコミュニケーションと、往年の人気ゲーム「スペースチャンネル5」を組み合わせた「Linked-door loves Space Channel 5」を出展する。HTCのVRデバイス「HTC VIVE」を使ったものになる。

【この記事に関する別の画像を見る】

 「HTC VIVE」はパソコンに繋げて利用するVRヘッドマウントディスプレイ。価格は9万9800円。その特徴は「ルームスケールVR」と呼ばれる機能。一般的にHMDでのVRコンテンツは視聴することが中心になりがちだが、HTC VIVEでは1.5×1.5m~4.5×4.5mの範囲で空間をまるごとトラッキング。その空間の中で歩きまわるプレイヤーやコントローラの位置・向きを検知して、VRコンテンツへリアルタイムに反映させる。

 この特徴をもとに、今回KDDIが提供する「Linked-door loves Space Channel 5」は、KDDIが開発したVRコンテンツ「Linked-door」と、セガが1999年に発売したダンスゲーム「スペースチャンネル5」を組み合わせたもの。9月5日の段階で、「Linked-door loves Space Channel 5」の出展がアナウンスされ、今回、その予告編と言える映像がメディア向けに公開された。

 会場では2つのブースを使い、一方にゲームマスターと呼ばれるスタッフとコンテンツを体験する参加者の2人が、もう一方にもう1人の参加者が配置される。それぞれが「HTC VIVE」を身に着ければ、同じ仮想空間上で3人が一緒にいる、という状況になる。そこではダーツを楽しんだり、音声通話をしたりするなど、仮想空間を通じたコミュニケーションを楽しめる。さらに「スペースチャンネル5」の世界へと誘われ、主人公キャラクターの「うらら」を応援していれば……とバトルを楽しめる流れになる。

 「昨年から真剣にVRへ取り組んできた。HTC VIVEの“歩けるVR”であれば何を共有できるのか」――そう語るのは、KDDI商品企画部商品戦略3グループリーダーの上月勝博氏。

 かつてはFirefox OSのスマートフォンを担当していた上月氏は、通信事業者という立場から、VRは、電話やメール、ビデオチャットに続く、新たなコミュニケーションの形として有望視していることを紹介。3月、米国のイベント「SXSW2016」で披露した「Linked-door」は一定のストーリーをこなす、擬似的なコミュニケーションを楽しむものだったが、今回はその場にいる他のユーザーと同じVR(仮想現実)空間に滞在してコンテンツを楽しめる。また「スペースチャンネル5」も15年ぶりに登場することもあって、当時、同作を楽しんだ人にとっても期待できるコンテンツとアピールした。

 上月氏は、au向けのスマートフォンを数多く手がけるHTCとは密にやり取りをしており、パソコンに繋げて利用するHTC VIVEは、ルームスケールVRや、ハイスペックな処理による高品質なVR体験をもたらし没入感が高いと説明。その特性を踏まえたコンテンツ開発を進めているとする。

 一方で、KDDIとしてはモバイルでの利用にも期待しているとのことで、「来年(2017年)のバルセロナ(での展示会、Mobile World Congress)では、グーグルのDaydreamを楽しめる環境が本格的に出揃うのではないか。現在でも法人から相談が寄せられている」と述べ、高い市場性があるとの見方を示す。

 今回の「Linked-door loves Space Channel 5」について上月氏は、東京ゲームショウのあと、年内にもau直営店で体験イベントを開催したいとも語っており、より多くのユーザーに体験できる環境を提供する考えとした。

ケータイ Watch,関口 聖

最終更新:9月12日(月)18時39分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]