ここから本文です

<長男殺害>寝たきりの72歳女性を書類送検 大阪府警

毎日新聞 9月12日(月)21時46分配信

 夫に頼んで金の無心をする長男を殺害したとして、大阪府警枚方署は12日、同府枚方市の無職女性(72)を殺人容疑で書類送検した。女性は寝たきり状態で、女性から依頼を受けた夫の八木昭彦容疑者(74)が、長男の首を絞めて殺害したとして逮捕された。長男は数年前から将来の生活費を工面するよう両親に迫っていたとされ、女性は「もう殺すしかないと思った」と供述している。

 送検容疑は八木容疑者と共謀して今年8月20日昼、同市香里ケ丘11の自宅で当時42歳の長男の首をタオルで絞めて窒息死させたとしている。

 同署によると、女性は夫と長男との3人暮らし。無職の長男はうつ病を患い、「働けないのはお前たちのせいだ」などと両親を責め、将来の生活費を用意するよう数年前から要求し続けていた。

 女性は以前から、「長男を殺してほしい」と八木容疑者に訴えていた。長男が事件前日、「動けないならストレッチャーを用意するので親戚から金を集めてこい」と女性に迫ったことから、八木容疑者は女性の頼みを受け入れて事件を起こしたという。【米山淳】

最終更新:9月12日(月)22時36分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。