ここから本文です

寺尾聰主演の「仰げば尊し」最終回は12・2%…前週から1・6ポイントUP

スポーツ報知 9月12日(月)14時58分配信

 11日に放送されたTBS系日曜劇場「仰げば尊し」の最終回の平均視聴率が12・2%と、前週から1・6ポイント数字を伸ばし、エンディングを迎えたことが12日、分かった。

 「仰げば尊し」は7月17日の第1話が11・4%、24日の第2話が11・7%と2週連続2ケタを記録。その後、4話続けて9%台が続いていたが、前週が10・6%と最終回を前に数字を上げていた。

 一方、日曜午後9時の“ドラマ対決”として話題のフジテレビ系「HOPE~期待ゼロの新入社員~」は4・9%だった。

 「仰げば尊し」は俳優の寺尾聰(69)が11年ぶりに連ドラ主演を飾った実話をもとにした学園ドラマ。「HOPE」はHey!Say!JUMPの中島裕翔(23)がゴールデン帯の連ドラ単独初主演、新人サラリーマンを演じて話題を呼んでいる。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

最終更新:9月12日(月)14時58分

スポーツ報知