ここから本文です

【関西六大学】ドラフト候補の大院大・堀田、9球団スカウトの前で好投

スポーツ報知 9月12日(月)18時7分配信

◆関西六大学野球 第2節1回戦 神院大1―0大院大(12日・明石トーカロ)

 MAX149キロを誇る大院大のドラフト候補右腕・堀田晃(4年)が、チームの秋季リーグ初戦で黒星を喫したが、プロ9球団の前で好投を見せた。

 堀田は3回1死二塁からタイムリーを浴び、先制点を献上。「チームには下の学年の選手が多いので、先制されてプレッシャーを与えてしまった。自分のせいですね」と自らを責めた。4回以降は1人のランナーも許さず、8回を3安打8奪三振1失点。打線の援護に恵まれなかったが、視察したオリックス・内匠スカウトは「結果は残念だけど、彼のピッチングはできていたと思う」と評価した。

 春季リーグ最多5勝をあげ、最優秀投手のタイトルを獲得した右腕は、10日付けでプロ志望届を提出。「最後まで自分の力を出し切れたら」と完全燃焼を誓った。

最終更新:9月12日(月)18時57分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]