ここから本文です

梅干し2トン盗まれる、被害総額は100万円以上

スポーツ報知 9月12日(月)17時51分配信

 和歌山県田辺市下三栖の梅農家の倉庫から10キロずつ詰めた梅干しのたる約200個(計約2トン)が盗まれたことが12日、分かった。田辺署が9日に被害届けを受理しており、窃盗事件として調べている。

 所有者の男性(56)によると、6日夜に倉庫を訪れた際に異常はなく、2日間市外に出て9日朝に再び確認したところ、鍵が壊されていた。保管していた梅干しのほぼ全てが盗まれ、被害総額は100万円以上という。付近に民家などはなく、交通量の多い道路に面している。

 男性は「1年間丹精を込めて作った梅が盗まれた。許せない」と話している。

最終更新:9月12日(月)17時51分

スポーツ報知

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。