ここから本文です

国枝、初戦は完勝 パラリンピック3連覇へ好発進

スポーツナビ 9/12(月) 0:23配信

 リオデジャネイロパラリンピックの車いすテニスは現地時間11日、男子シングルス2回戦が行われ、国枝慎吾(ユニクロ)が、地元ブラジルのダニエル・ロドリゲスを2-0(6-2、6-1)のストレートで下し、パラリンピック3連覇へ好発進した。

 快晴、気温25度の中で行われた一戦は、第1セットの序盤こそ長いラリー戦に国枝が苦しむこともあったが、中盤からフォアハンドクロスのウィナーやドロップショットを決め、国枝が3つのブレークで先取する。

 勢いに乗った国枝は第2セットに入り17連続ポイントを奪うなど、ロドリゲスを寄せ付けなかった。

 3回戦は12日に行われる。

最終更新:9/12(月) 1:06

スポーツナビ