ここから本文です

アライドアーキテクツが料理写真共有アプリ「SnapDish」の運営会社へ出資

ITmedia マーケティング 9/12(月) 23:11配信

 企業のソーシャルメディア活用を支援するアライドアーキテクツは、料理写真共有アプリ「SnapDish  料理カメラ」(以下、SnapDish)を運営するヴァズへ出資したと発表した。SnapDishに投稿される料理写真などのUGC(User Generated Content)を同社のサービスと組みあわせ、独自の広告パッケージなどを共同開発し、食に特化したSNSマーケティング支援を加速させるという。

 SnapDishは、料理の写真または写真とレシピをセットで投稿し、ユーザー間でコミュニケーションを行うことができる特化したアプリで、累計1000万枚以上の写真が投稿されている。調味料メーカーや飲料メーカーといった企業も公式アカウントを開設しており、生活者に向けたプロモーションにも活用されている。

 SnapDishを利用する料理愛好ユーザーや食料品メーカーとの豊富なネットワークが、アライドアーキテクツのSNSマーケティング支援の事業領域と高い親和性を持つため、両社が連携することでさらなる事業成長が見込めると判断して出資したという。

最終更新:9/12(月) 23:11

ITmedia マーケティング