ここから本文です

渡辺謙、宮崎あおい、松山ケンイチ共演「怒り」千葉編の特別映像がGYAO!で配信中

映画ナタリー 9月12日(月)21時28分配信

9月17日に公開を控える「怒り」の特別映像第3弾が、映像配信サービスGYAO!にて9月25日まで配信されている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

吉田修一の同名小説を原作とする「怒り」は、ある殺人事件の容疑者として浮上した3人の男たちを中心に、彼らを取り巻く人々が信用と疑惑の間で揺れるさまを、千葉、東京、沖縄を舞台に描いた群像劇。渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡らが出演に名を連ねる。

本映像は、槙洋平役の渡辺、洋平の娘・愛子役の宮崎、田代哲也役の松山が出演する千葉編の見どころが収められたもの。洋平が家出をした愛子を東京・歌舞伎町の風俗店で見つけるシーンや、愛子と田代が惹かれ合っていくさまなどが映し出される。そのほか渡辺、宮崎、松山のインタビューも配信中なので、映画の公開を楽しみにしている人は視聴してみては。

※宮崎あおいの崎は立つ崎(たつさき)が正式表記



(c)2016 映画「怒り」製作委員会

最終更新:9月12日(月)21時28分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。