ここから本文です

1試合3本塁打のヤクルト山田、「みんなのMVP」得票率はどこまで伸びた!?

スポーツナビ 9/12(月) 12:34配信

 9月5日~11日のプロ野球の1週間を振り返る。セ・リーグでは10日に広島が25年ぶり7度目のリーグ優勝を達成。ビジターでの優勝となったが、久々の栄光に広島の街が赤く染まった。一方、パ・リーグでは北海道日本ハムが9日に再び首位浮上。2位・福岡ソフトバンクが2勝4敗と安定感を欠く中、このまま突き放して4年ぶりのリーグ優勝を手にするのか!?

 さて、前週でもっともファンの支持を集めた選手は誰なのか? スポーツナビが運営するアプリ「スポナビ プロ野球速報」で実施している「みんなのMVP」。ユーザーが設定したお気に入りチームから勝敗に関係なく、各試合でもっとも活躍した選手に投票し、その試合のMVPを決める。両リーグ合わせての得票率週間トップ10は下記の通りとなった。

1位:9月10日 山田 哲人(ヤ) 92.6%
2位:9月8日 坂本 勇人(巨) 87.5%
3位:9月10日 坂本 勇人(巨) 79.2%
4位:9月10日 大谷 翔平(日) 78.9%
5位:9月6日 西 勇輝(オ) 78.7%
6位:9月10日 山口 俊(D) 78.3%
7位:9月7日 薮田 和樹(広) 78.1%
8位:9月8日 吉田 正尚(オ) 76.7%
9位:9月6日 山田 哲人(ヤ) 76.5%
10位:9月6日 菅野 智之(巨) 76.2%


 前週の1位は、10日の阪神戦で1試合3本塁打を放った東京ヤクルトの山田哲人が獲得した。得票率92.6%は、7月3日に「1番・投手」で初回先頭打者本塁打を放ち、投げては8回無失点に抑えた日本ハム・大谷翔平の92.5%を上回る歴代1位の数字となった。

 2年連続30本塁打30盗塁を達成(達成した6日の横浜DeNA戦も4打数2安打1本塁打1打点1盗塁で9位にランクイン)し、史上初の2年連続トリプルスリーが見えてきた山田。リーグトップの筒香嘉智(横浜DeNA)の39本塁打にあと1本と迫り、2年連続本塁打王のタイトルも視界に入ってきた。

 巨人・坂本勇人は8日に87.5%で2位、10日に79.2%で3位に入った。8日の阪神戦で負ければ広島が優勝という一戦で藤川球児から代打で起死回生の逆転3ラン。負ければ広島の優勝が決まるという10日の一戦では、初回に先制2ランを打って、広島をあわてさせた。現在、打率3割4分7厘と2位の広島・鈴木誠也に1分4厘差をつけ、初の首位打者獲得へ勢いがある。

 4位の日本ハム・大谷は10日の東北楽天戦で2本塁打4打点。チームの首位キープに貢献した。5位のオリックス西勇輝は6日のソフトバンク戦で6回まで無安打に抑えるなど7回1失点の好投を見せた。

 優勝を決めた10日の広島からは、2打席連続本塁打3打点の鈴木が69.9%の得票率で、先発で力投した黒田博樹(23.7%)を抑えてMVPを獲得した。

最終更新:9/12(月) 14:33

スポーツナビ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]