ここから本文です

<社債購入詐欺>稲川会系組員ら逮捕 大阪府警

毎日新聞 9月12日(月)23時22分配信

 架空の社債購入を巡って高齢者から現金を詐取したとして、大阪府警は12日、指定暴力団稲川会系組員、春田真人容疑者(24)=横浜市鶴見区=ら5人を詐欺の疑いで逮捕した。府警は既に現金を回収する役の「受け子」の少年ら5人も逮捕。春田容疑者らが受け子グループに指示していたとみられ、被害総額は約3700万円に及ぶという。

 春田容疑者の逮捕容疑は昨年11~12月、同府豊中市に住む無職の70代女性に「あなたの名義でうちの会社の社債が購入されている。名義貸しは犯罪だ。記録を消すためにお金が必要だ」と電話。解決金名目で現金計1880万円を横浜市内の2カ所に郵送させて詐取したとしている。府警は認否を明らかにしていない。

 府警捜査2課によると、この女性を含め大阪や京都など2府2県の70~80代の高齢者計6人が、この詐欺グループによる架空請求やオレオレ詐欺の手口で現金をだまし取られる被害に遭っている。【池田知広、戸上文恵】

最終更新:9月12日(月)23時22分

毎日新聞