ここから本文です

電通海外子会社が世界の広告費成長率予測を改訂

ITmedia マーケティング 9/12(月) 23:12配信

 電通グループのCarat(カラ)は、世界の広告費の成長予測を発表した。2016年は前年比4.4%増、2017年は4%増と予測。2017年の世界の広告費は、2016年対比で222億ドル増の5704億ドルに達すると見ている。この増加見込み額の9割にあたる201億ドルがデジタル広告費の増加によってもたらされるという。

 媒体別の2017年予測では、引き続きテレビ広告費が最大のシェアを占め、構成比が40.3%になると予測している。デジタル広告費は、モバイルやオンラインビデオ、SNSの広告費の増加により前年比3ポイント増の30.2%に達すると予測した。

 地域別では、2016年のような大型イベントには欠けるが世界的にポジティブな予測だ。北米が3.8%増、西ヨーロッパが2.7%増、中央および東ヨーロッパが5.5%増、アジアパシフィックが4.2%増、ラテンアメリカが9.8%増と全ての地域がプラス成長になると予測している。

最終更新:9/12(月) 23:12

ITmedia マーケティング