ここから本文です

【BOX】山中の相手モレノ、練習公開「王者になるために日本に来た」

スポーツ報知 9月12日(月)19時6分配信

◆報知新聞社後援 プロボクシング「ワールドプレミアムボクシング」▽WBC世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦 山中慎介―アンセルモ・モレノ ▽WBC世界スーパーバンタム級(55・3キロ以下)タイトルマッチ12回戦 ウーゴ・ルイス―長谷川穂積(16日、エディオンアリーナ大阪)

 WBC世界バンタム級王者・山中慎介(33)=帝拳=に挑戦する同級1位アンセルモ・モレノ(31)=パナマ=が12日、都内の帝拳ジムで練習を公開した。モレノは練習前に予定されていた会見より前にロープを飛び続けた。会見後には軽いミット打ちやサンドバッグをたたくなどして1時間半近く汗を流した。

 「きっちりと練習を積んできた。相当の覚悟を持って王者になるために、また日本に来た」と話した。前回は1―2の惜敗。モレノは「前回は複雑な試合展開だったが、今回はラウンドごとに明確に勝ちを印象付けたい。できる限りのパンチを出していきたい」。“亡霊”と恐れられるディフェンスに加え、積極的に打って出る考えを示した。

最終更新:9月12日(月)19時6分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。