ここから本文です

花咲徳栄・高橋昂也、静岡・鈴木将平らがプロ志望届

日刊スポーツ 9月12日(月)17時6分配信

 花咲徳栄(埼玉)高橋昂也投手、静岡・鈴木将平外野手らがプロ志望届を提出。12日、日本高野連のホームページに掲載された。

【一覧】U18日本代表の希望進路

 高橋、鈴木はともにU18アジア選手権で優勝した高校日本代表メンバー。高橋は150キロを超すストレートが武器の左腕で「高校BIG3」の一角。鈴木は巧みなバットコントロールと俊足が持ち味。高校日本代表では3番を打った好打者だ。

 ほかに最速150キロ超の速球が武器の九州産(福岡)梅野雄吾投手、今夏甲子園で本塁打を放った八戸学院光星(青森)田城飛翔外野手、花咲徳栄で3季連続甲子園出場の岡崎大輔内野手、投打二刀流の川越東(埼玉)星野裕帆投手、今春の甲子園に出場した敦賀気比(福井)山崎颯一郎投手らも提出した。

 この日で掲載選手は10人増え計39人になった。

最終更新:9月12日(月)18時0分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]