ここから本文です

天風、新入幕初白星「真面目なふり」でインタビュー

日刊スポーツ 9月12日(月)20時3分配信

<大相撲秋場所>◇2日目◇12日◇東京・両国国技館

 新入幕で「冗舌ぶり」も注目される東前頭13枚目の天風(25=尾車)が、人気力士で同14枚目の遠藤(25=追手風)に快勝し、うれしい新入幕初白星を挙げた。

【写真】 綱取り稀勢の里「これから」難敵下し連敗阻止

 新入幕で初白星を挙げた力士は、館内のNHKインタビュールームでインタビューを受けることになっており「(序盤の)早いうちに行きたかったんです」と話す天風も、205キロの体をゴムまりのように弾ませながら、花道から向かって行った。

 ちょっぴり、かしこまったような受け答えを終え支度部屋に戻ると「あれは真面目なふりです。たまには真面目な姿も見せなければ」とニンマリ。遠藤との対戦に「目上の人気力士、上位ランカーの人。そんな人と取れるのはありがたい。どんな形でも今日は前に出ようと思った。右上手を取らせるとうまいから…」と速射砲のように言葉を発した。

 遠藤相手で懸賞金もゲット。5本は手取り15万円だが「使い道はこれから考えます。とりあえずはためます」と堅実派の一面も。「お世話になった人に何かお返しでも」という問いには「お世話になった人には白星が、いい相撲でお返しします」と即答。冗舌ぶりは変わらず、部屋に帰ったら師匠(尾車親方=元大関琴風)の「TPOを考えろ!」という注意が、この日も飛んだかもしれない。

最終更新:9月12日(月)20時29分

日刊スポーツ