ここから本文です

加藤九祚・国立民族学博物館名誉教授死去

時事通信 9月12日(月)23時23分配信

 加藤 九祚氏(かとう・きゅうぞう=国立民族学博物館名誉教授)ウズベキスタン南部テルメズの病院で11日(現地時間)に死去、94歳。

 
 名誉会長を務めるNPO法人ユーラシアンクラブ(東京)によると、数日前に現地で体調を崩して倒れ、入院していたという。死因は不明。

 主な著書に大佛次郎賞を受賞した「天の蛇」などがある。 

最終更新:9月12日(月)23時23分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。