ここから本文です

【Gファーム情報】橋本篤、6日プロ初先発「緊張」2回1安打1失点

スポーツ報知 9月13日(火)15時3分配信

 チーム唯一の高卒育成ルーキー・橋本篤郎投手(18)が堂々とマウンドに立った。

 フューチャーズの一員として出場した6日の西武戦(西武第二)でプロ初先発。「初めてだったので、ワクワクしましたけど、ものすごく緊張しました」。スリークオーター気味のフォームから130キロ台後半の直球とスライダーを軸に2回1安打1失点。「まあまあですかね」と振り返った。

 昨秋の育成ドラフト6位で熊本・鎮西高から入団。だが、1月の新人合同自主トレ中に左肘に痛みが出たため、思うようにボールを投げることができずに出遅れた。リハビリ中は走り込みやウェートトレで体重が80キロから85キロにアップ。8月からはようやく実戦で登板しているが「体が大きくなって、まだ体を使いこなせていない気がする」と満足はない。

 8月中旬には2軍調整中だった亀井とシート打撃で対戦。実績ある打者を目の前にし「どこからでもバットが出てくるし、スイングのスピードが速かった」と衝撃を受けた。1軍では同じ左投手の田口が高卒3年目で10勝。先輩の背中を追い、日に日に成長を遂げている。(安藤 宏太)

【関連記事】

最終更新:9月13日(火)15時3分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。