ここから本文です

【BOX】井上VSロマゴン来年末にも実現か

スポーツ報知 9月13日(火)6時5分配信

 WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(23)=大橋=とWBC同級王者ローマン・ゴンサレス(29)=ニカラグア=との一戦が、来年末にも実現する可能性が高まった。

 ロマゴンの試合をプロモートする帝拳ジムの本田明彦会長(69)が12日、都内の同ジムで見通しを明かした。ロマゴンは今後、10日に試合を行ったWBC前王者クアドラス(帝拳、メキシコ)との再戦や、フライ級2団体王者エストラーダ(メキシコ)と対戦するプランがあるという。その後に井上戦となる見通しで、本田会長は「来年末を考えている」と話した。場所は日本開催となる可能性が高いという。

最終更新:9月13日(火)15時28分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。