ここから本文です

中島貞夫監督、時代劇衰退に危機感「自分の経験をどう活かすか」

オリコン 9/12(月) 22:16配信

 映画監督の中島貞夫氏(82)が12日、都内で行われたドキュメンタリー映画『時代劇は死なず ちゃんばら美学考』(12月3日公開)の記者会見に出席した。

【写真】これぞ名人芸!「東映剣会」による迫力ある殺陣

 中島監督にとって映画『極道の妻たち 決着』(1998年)以来の新作となる同映画は、時代劇の華「ちゃんばら(殺陣)」を追求したドキュメンタリー作品。日本、特に京都映画の草創期から現代までの変遷を追う。

 劇中でも時代劇衰退について言及するシーンもあり、中島監督は「日本は、映画制作、配給、興業が系列化していて、そういう流れの中で最も儲かる、危険性の少ないところへ投資していく考え方がある。そういう流れの中で最もリスクのあるのが制作。制作から映画資本が逃げようとしているわけです」と持論を展開。

 現状を危惧する一方で「時代劇の中で何ができるのか、若い作家に考えてもらいたい」とメッセージを送り、「これからの作り手たちの意欲の問題、そこに全部来てるわけです。作り手たちに意欲をもってもらう状況を我々が作ってあげられるか。自分たちのこれまでの経験をどう活かしていくことが、自分に突き付けている課題です」と、業界発展へ使命感を燃やした。

 また、最近公開の作品として、映画『超高速!参勤交代』(主演・佐々木蔵之介)を挙げると「当時の侍たちの生き様を現代の目線で見てるけど、時代劇の新しい側面を出している。アクションシーンも変な形であざとくせず、時代劇の中でリアリティーを失わない面白さを試行している作品」と絶賛していた。

 会見にはそのほか、殺陣師の清家三彦氏が出席。会見前には「東映剣会」の堀田貴裕、木村康志、本山力、中村彩実が登場し、立合デモンストレーションを披露。迫力のある殺陣で会場を沸かせた。

最終更新:9/12(月) 22:18

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]