ここから本文です

小泉孝太郎、天海祐希と4年半ぶり共演 “対立関係”に「バチバチとやり合いたい」

オリコン 9月12日(月)11時55分配信

 俳優・小泉孝太郎が10月スタートのフジテレビ系連続ドラマ『Chef~三ツ星の給食~』(毎週木曜 後10:00)に出演することがわかった。小泉は天海祐希演じる三ッ星レストランの天才シェフ・星野光子が働くレストラン『La Cuisine de La reine(ラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌ)』オーナー・篠田章吾役に起用。優れた経営能力を持つ篠田は“利益”を第一に考える合理主義者で、コストを無視して料理を作り続ける光子と対立関係となる役柄だ。天海と小泉は同局『カエルの王女さま』(2012年4月)以来、4年半ぶりの共演となる。

【役衣装】“給食のおじさん”役の遠藤憲一

 同ドラマは光子が篠田とトラブルを起こしてクビとなり、篠田の妨害により次の職場が決まらないところを人気バラエティー番組の敏腕プロデューサー・矢口早紀(友近)から“学校給食”を作るテレビ企画を持ちかけられるところから始まる。世界最高の料理を作ってきた光子にとって、給食を作ることなど簡単だと思われたのだが、栄養・経費・味覚の違いなど、多くの壁にぶつかり失敗が続く。

 そんな給食の現場キャストとして、規則にしたがって給食の献立を考える三つ葉小学校の栄養士・荒木平介(あらき・へいすけ)に遠藤憲一。まじめだが頑固な一面を持ち、光子とはことごとく衝突する。天海とは連続ドラマ『不毛地帯』(2009年10月~2010年3月)、スペシャルドラマ『私という名の変奏曲』(フジテレビ・2015年)に続く3度目の共演となる。

 三つ葉小学校の給食調理師補助でアイドル的存在・高山晴子には川口春奈。こちらも光子に敵対心をむき出しにする役どころ。同じく調理師補助の小松稔に荒川良々、光子の料理を忠実に再現できる高度な技術を持つ職人肌の副料理長(スーシェフ)奥寺健司に豊原功補らが起用された。

 小泉は初めて対立関係を演じる天海に「エネルギッシュな演技に負けずにバチバチとやり合いたいです」と奮起。「僕には料理店の経営者と料理人、どちらもプライベートで会うぐらいに仲の良い友達がいて、レストランの内情を本音で聞いているので、役作りの大きなプラスになると思います。篠田の苦労や葛藤をうまく演じていけたら」とやる気をにじませている。

 天海とはドラマ初共演となる川口は、当初は敵対関係だが「不思議な興味と関心を持ちはじめます」とストーリーが進むにつれ変化が訪れるようで「二人がどんな関係性でどうなっていくのか、是非注目していただきたいです」と呼びかけている。

最終更新:9月12日(月)11時55分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。