ここから本文です

劇場版『遊☆戯☆王』4D上映版で“大喝采!上映”開催決定

オリコン 9/12(月) 16:48配信

 4月23日より全国公開された劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』が、9月24日より4D版(4DX、MX4D)の上映が開始される。4月の劇場公開時に各地で話題を呼んだ、声だしOK!、コスプレOK!、サイリウム持ちこみOK!の「大喝采!上映」も、「新次元・大喝采!上映!」として復活。遊戯や海馬たちの熾烈の決闘(デュエル)をより臨場感をもって体験できる。実施劇場の情報は公式ホームページに随時掲載。

【動画】劇場版『遊☆戯☆王』4D上映予告映像

 全国137館で公開され8億円以上の興行収入を上げた通常版は、海外での上映が続々と決定。韓国での公開はすでに5月に発表され、6月より上映された。アジア諸国としては台湾が9月15日から、香港が10月13日から、マレーシアが11月24日から、シンガポールが12月1日から、順次公開。欧米でも来年1月から公開を予定している。

 1996年『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載を開始し、その後、最も売れたトレーディングカードゲームとしてブームの火付け役となった『遊☆戯☆王』。連載開始から20周年の節目に、原作者の高橋和希氏自ら製作総指揮のもと、、脚本も高橋氏が手がけ、原作のその後のエピソードがオリジナルストーリーで描かれる。

■公式ホームページ
http://www.yugioh20th.com/

最終更新:9/12(月) 16:48

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]