ここから本文です

東尾理子、麻央ブログで乳がん検診へ「過信せずに、定期的に行きます」

オリコン 9月12日(月)18時54分配信

 プロゴルファーの東尾理子(40)が12日、公式ブログを更新。乳がん闘病中で、自身のブログで診断されるまでの経緯、心境を伝えている小林麻央(34)の記事を読み、乳がん検診に訪れたことを報告した。

【写真】小林麻央、子どもたち&夫・海老蔵との家族4ショット

 今年3月に第2子となる女児を出産した東尾は「授乳中は大丈夫。だと思ってたから、のばしのばしにしていた検診」に行ってきたことを報告。きっかけは「小林麻央さんの記事を読んで、そんな事はないんだと知り、行きました」と説明し、結果については「大丈夫でした」と伝えた。

 続けて「先生にも言われました。授乳中は大丈夫な事が多いんだけど、発達してる乳腺や母乳に隠れて、普段では触って気がつくはずのしこりが見つけにくい場合もある、って。なるほど。過信せずに、定期的にちゃんと検診に行きます」とつづり「麻央さん、大変な中、ブログをありがとうございます。そして、1日も早い回復を、お祈りしてます」と結んだ。

 麻央は今月1日に公式ブログをスタート。6日には「私の体験をどんな形でも、活用してくれる方がいたらと願い、書きたいと思います」と決意し、きょう12日までに乳がん発覚から再検査、左胸の様子などを記している。

最終更新:9月13日(火)8時49分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。