ここから本文です

コスト度外視、松阪牛入りベビースターラーメン 店では買えないゲーム景品

SankeiBiz 9月16日(金)7時2分配信

 安くておいしいお菓子のベビースターラーメンに、超高級食材の松阪牛が使われた「ベビースターラーメン(松阪牛をベビースター史上最高に練り込みました味)」が登場する。アミューズメント施設運営のナムコ(東京都港区)と、ベビースターラーメン製造元のおやつカンパニー(三重県津市)が共同で開発したもの。9月16日から全国にあるナムコのゲームセンターで、クレーンゲームの景品として提供される。

 ナムコでは、ゲームセンター市場の活性化を目指した話題作りとして、提供する景品の多様化に取り組んでいる。その一環として、2015年12月に、大手菓子メーカーのカルビー(東京都千代田区)と共同で、「ポテトチップス コーラ味」をクレーンゲームの景品として開発。2016年7月にも「ポテトチップス 冷やし中華はじめました味」を開発して、全国のゲームセンターで景品として提供してきた。

 今回は、三重県津市に本社や工場があり、「ベビースターラーメン」の製造元として知られるおやつカンパニーと連携。代表的な商品のベビースターラーメンに、三重県が誇る松阪牛をふんだんに練り込んだものを作り、ゲームセンターの景品として提供することになった。

 9月9日に東京・日本橋にある三重県のアンテナショップ「三重テラス」で行われた発表会では、クレーンゲーム機にセットされた商品が初披露され、金色に輝くパッケージで人目を集めた。開発したおやつカンパニーでは、ナムコから「最高の商品を」というリクエストだけがあり、それに答えるために、伊勢エビなど三重県産のさまざまな食材を検討したという。その中で、「高級で、贈答用に使われることも多い松阪牛が1番良い」(開発担当者)と考え、松阪牛を選んだ。

 通常のベビースターラーメンは、スーパーやコンビニなどで数十円から購入できるが、この「ベビースターラーメン(松阪牛をベビースター史上最高に練り込みました味)」は、景品として「コスト度外視」が認められたため、通常のものとは比べものにならない価格になっているという。

 具体的には、A-5ランクにある最高品質の松阪牛を原料に使用。今までにない量の松阪牛のミンチ肉を練り込み、「食べれば食べるほど、お肉のおいしさが味わえる」(営業担当者)ベビースターラーメンに仕立て上げている。

 発表会には、三重県津市の前葉泰幸市長から「三重ブランド食材のおいしさと、アミューズメントの楽しさとのコラボレーションをお楽しみください」といったコメントが寄せられ、ナムコのゲームセンターを通して、松阪牛が全国に広まることに期待を示していた。菓子メーカーが、観光地などの食材を使った製品を作り、お土産品として販売するケースは幾つもあるが、ゲームセンターとのコラボを通じたご当地ブランドの展開も、これをきっかけに広まる可能性がありそうだ。

 「ベビースターラーメン(松阪牛をベビースター史上最高に練り込みました味)」は9月16日から、全国約200店舗のナムコ直営ゲームセンターでクレーンゲームの景品として獲得できるようになる。35グラムの袋タイプ景品と、袋タイプが3袋はいったボックスタイプ景品を用意している。

最終更新:9月16日(金)7時2分

SankeiBiz

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]