ここから本文です

隠岐の海、初日に続く上位食い 懸賞計62本にご満悦/大相撲秋場所

産経新聞 9月12日(月)21時24分配信

 隠岐の海が前日の稀勢の里に続き、今度は鶴竜を破った。左四つで攻め込まれながらも、土俵際の右小手投げで逆転勝ち。2場所連続計3個目の金星を奪取した隠岐の海は「こういう時があってもいいよね、たまには。横綱に勝ったときは喜ばなきゃ駄目」とご満悦の表情。2日間で計62本の懸賞を手にし「結びっていいですね。貯金します」と何重にも取り囲む報道陣を笑わせた。3日目も結びで日馬富士とぶつかる。「大チャンス」と語り、期待を抱かせた。

最終更新:9月12日(月)21時24分

産経新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]