ここから本文です

ザック・スターキー、新作でピストルズやスモール・フェイセスのメンバーとコラボ

BARKS 9/15(木) 11:17配信

ザ・フーのドラマーとしても活動するザック・スターキーが、Sshh Liguz(Vo)とニュー・プロジェクトSshhを結成し、彼らに影響を与えた曲のカヴァー・アルバム『Issues』を制作した。

◆Sshh画像

ただカヴァーしただけでなく、オリジナル・ソングをプレイするバンドのメンバーも参加している。

セックス・ピストルズの「Problems」は、ピストルズのポール・クックとグレン・マトロックとパフォーマンス。スモール・フェイセスの「Tin Soldier」ではケニー・ジョーンズ、モット・ザ・フープルの「All The Young Dudes」ではミック・ラルフスと、ブロンディの「One Way Or Another」ではクレム・バークと、ウェイラーズの「Get Up Stand Up」ではサンタ・デイヴィスとコラボした。「Get Up Stand Up」には、パール・ジャムのエディ・ヴェダーもゲスト・ヴォーカリストとして参加しているそうだ。

『Issues』の収録曲と参加アーティストは以下のとおり。

1.「Problems」 with ポール・クック & グレン・マトロック(セックス・ピストルズ)
2.「Jah War」 with Dave Ruffy & Segs(The Ruts)
3.「Shoot Speed Kill Light/Rocks」with ダレン・ムーニー & シモーン・バトラー(プライマル・スクリーム)
4.「All The Young Dudes」with ミック・ラルフ(モット・ザ・フープル)、マーティン・チェンバース(プリテンダーズ)、グレン・マトロック
5.「Dominos」with ロバートソン・ファーズ(ザ・ビッグ・ピンク)、Twiggy Ramirez & Gil Sharone(マリリン・マンソン)
6.「One Way Or Another」 with クレム・バーク(ブロンディ)
7.「Back To Black」 with Dale Davis and Nathan Allen(エイミー・ワインハウス・バンド)
8.「Private Life」 with マーティン・チャンバース & グレン・マトロック
9.「Get Up Stand Up」 with サンタ・デイヴィス & Fully Fullwood(Word Sound & Power)
10.「Babylon's Burning」with Dave Ruffy & Segs(The Ruts)
11.「Tin Soldier」 with ケニー・ジョーンズ(スモール・フェイセス)

ドラマーが多数参加しているが、ザックは今回、ドラムではなくギターをプレイしているそうだ。

『Issues』は年内発売予定。アルバムの売り上げは、ザ・フーのロジャー・ダルトリーのチャリティ団体Teen Cancer Programに寄付される。

Ako Suzuki

最終更新:9/15(木) 11:17

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]