ここから本文です

クリス・スレイド「AC/DCでプレイするのはジグソーパズルのようなもの」

BARKS 9月15日(木)11時19分配信

AC/DCが、現行のツアーに参加するドラマー、クリス・スレイドがバンドについて語るインタビュー映像を公開した。

◆AC/DC画像

「AC/DCっていうのは……、第一に(ある目的を持つ)団体のようなものだ。ファンは家族の一員であると感じる。それはいいフィーリングだ。本当にいい感情だ」

そして、バンドでの自身の役割については「できる限り(正確に)拍子を刻み、バンドを走らせることだ。それがどのみち、バンドの役割だけどね。彼らとプレイするのは、ジグソーだ。すべてのピースがはまる」と語った。

「オーディエンスに刺激をもらう。アドレナリンだ。そして、彼らのためのショウだ。ここにいる理由はそれがすべてだ。社交の場じゃない。ロックをプレイするために僕らはそこにいるんだ。そして、彼らは飛び跳ねる。僕らから彼ら、そして彼らから僕らへ両方のフィードバックがある」

AC/DCの<Rock Or Bust>ツアーは残すところ3公演。来週(9月20日)、フィラデルフィアで幕を閉じる。

Ako Suzuki

最終更新:9月15日(木)11時19分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。