ここから本文です

実は返済率の高いマイクロファイナンス。では何が問題か?

投信1 9/12(月) 20:10配信

マイクロファイナンスは、貧しい人向けに(基本的には)無担保で少額のローンを貸し出す金融サービスです。そのため、多くの方は、マイクロファイナンスの顧客は返済率が悪いと思っていらっしゃるかもしれません。

また、マイクロファイナンスの金利は世界平均で20%~40%と、先進国の金融機関より高くなっています。それは、貸倒率の高さをカバーするために高金利を設定しているからだと考えられているかもしれません。

しかし、先日『マイクロファイナンス機関の金利は規制すべきか?』の記事でも紹介したように、マイクロファイナンスの金利が高い主な理由は、オペレーションコストが高いからであり、決して貸し倒れが多いからではないのです。

データに見るマイクロファイナンスの貸倒率

Mix Marketというマイクロファイナンス機関のデータベースによると、マイクロファイナンス機関の平均年間貸倒率は2.5%程と、極めて低い状況です(ただし、世界中すべてのマイクロファイナンス機関がMix Marketに登録されているわけではないので注意が必要です)。

残念ながら、多くの人はこのような客観的なデータに触れる機会がありません。一方、メディアは注目を集めるために極端な例にフォーカスする場合も多く、たとえば2010年にインドのアンドラプラデシュ州で起きたマイクロファイナンス危機*1
の際も、メディアの誇張気味の報道に政治が過剰に反応した、という側面もありそうです。また、著者は実際に中米のマイクロファイナンス機関に勤務していたことがありますが、仕事量の8割は返済が滞っているお客様に割くことになります。順調に返済できているお客様は何もしなくても支店にやってきて返済してくれるため、特に対応する必要がないからです。

このような経験をすると、あたかも多くの人が債務不履行に陥っているような感覚になるのですが、上記のように、客観的なデータを見ると実はそうではないことが分かります。

*1 2010年のインド、アンドラプラデシュ州で起きたマイクロファイナンス危機。マイクロファイナンス機関の複数の顧客が借金苦で自殺したことを発端に、マイクロファイナンス機関への返済拒否の動きが強まり、複数のマイクロファイナンス機関が倒産した。

1/2ページ

最終更新:9/12(月) 20:10

投信1