ここから本文です

【MLB】イチロー3試合ぶり先発で前田健太から中前打 日米通算4300安打に到達!

Full-Count 9月12日(月)3時0分配信

メジャー通算3022安打で、歴代25位ルー・ブロックまで「1」

 マーリンズのイチロー外野手が11日(日本時間12日)、本拠地でのドジャース戦に「2番・右翼」で先発し、前田健太投手と今季2度目の対決をした。イチローは0-0で迎えた4回1死走者なしの第2打席に中前打。メジャー通算3022安打とし、歴代25位ルー・ブロックの3023安打まで残り「1」と迫った。またこの1打で、日米通算4300安打の節目を迎えた。

イチロー、MLB3000安打の全打球位置イラスト

 初対決だった4月28日(同29日)ドジャースタジアムでの一戦では、前田に3打数無安打に抑えられていたイチローだが、約4ヵ月半後にリベンジを果たした。1打席目は投ゴロ併殺に打ち取られたが、4回1死走者なしの第2打席だ。カウント2-2から5球目スライダーを振り抜くとフワリと浮いた打球は遊撃手の頭を越えてセンター前へ飛んだ。この安打から始まる3連打で、イチローは生還、先制ホームを踏んだ。

 左腕の先発が続いたため、2試合連続でベンチスタートとなったイチローは、前日10日(同11日)には41試合ぶりの完全休養だったが、この日まで月間打率.321という9月の好調を維持し続けた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月12日(月)3時27分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]