ここから本文です

中国本土からの訪マカオ旅客数17.1%増=15年

マカオ新聞 9月12日(月)12時12分配信

 このほど、中国旅遊研究院(CTA)と銀聯インターナショナルが公表した年次レポート「中国アウトバウンドツーリズム(2016)」によれば、昨年(2015年)に中国本土からマカオを訪れた旅客数は前年比17.1%増だったという。

 中国本土からのアウトバウンド先のトップ3は香港、マカオ、台湾の大中華圏地域で、合計旅客数は18.5%増の延べ(以下同)約8500万人に上り、全体の77.3%を占めた。中華圏以外のトップ10は、上位から順にタイ、韓国、日本、ベトナム、米国、シンガポール、オーストラリア、インドネシア、マレーシアの順。

 なお、昨年の中国本土からのアウトバンド旅客数は9.8%増の1億1700万人で、伸び率は前年の20%から下落した。CTAでは今年は11.5%増の1億3300万人に達し、今後も堅調に推移するとの見通しを示している。

最終更新:9月12日(月)12時12分

マカオ新聞