ここから本文です

マテック=サンズ/サファロバ組、逆転勝利で全米OP初V<女子テニス>

tennis365.net 9/12(月) 4:58配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は大会最終日の11日、女子ダブルス決勝戦が行われ、第12シードのB・マテック=サンズ(アメリカ)/ L・サファロバ(チェコ共和国)組が第1シードのC・ガルシア(フランス)/ K・ムラデノヴィック(フランス)組を2-6, 7-6 (7-5), 6-4の逆転で破り、大会初・グランドスラム3度目の優勝を飾った。

【全米オープン対戦表】

この試合、第1セットを落としたマテック=サンズ/ サファロバ組は、第2セットの第10ゲームでガルシア/ ムラデノヴィック組にサービング・フォー・ザ・マッチを与える崖っぷちに立たされるも、そのゲームでブレークに成功してタイブレークに持ち込み、セットカウント1-1とする。

その後、勢いに乗ったマテック=サンズ/ サファロバ組はファイナルセットでガルシア/ ムラデノヴィック組に1度もブレークチャンスを与えず、1度のブレークに成功して2時間6分で勝利を手にした。

マテック=サンズ/ サファロバ組は、昨年の全豪オープンからペアを組んでそのまま優勝を飾ると、続く全仏オープンでもM・ヒンギス(スイス)/ S・ミルザ(インド)組らシード勢を破ってタイトルを獲得。その年のツアー・ファイナルにも出場した。

今年のツアー大会でもペアを組んで出場し優勝を飾るなど結果を残していたが、全仏オープン・ウィンブルドンでは初戦敗退を喫していた。

また、マテック=サンズはリオデジャネイロ・オリンピックのミックスダブルスにJ・ソック(アメリカ)とペアで出場し、決勝でV・ウィリアムズ(アメリカ)/ R・ラム(アメリカ)組を逆転で下し、金メダルを獲得した。

一方、敗れたガルシア/ ムラデノヴィック組は今年の全仏オープンで優勝。しかし、8月のリオデジャネイロ・オリンピックでは1回戦で土居美咲(日本)/ 穂積絵莉(日本)組にフルセットで敗れていた。

男子ダブルスでは、J・マレー(英国)/ B・ソアレス(ブラジル)組がP・カレノ=ブスタ(スペイン)/ G・ガルシア=ロペス(スペイン)組を6-2, 6-3のストレートで下し、大会初優勝を飾っている。

tennis365.net

最終更新:9/12(月) 4:58

tennis365.net