ここから本文です

「パック・イン・ミュージック」のディスクジョッキーを務めた故・野澤那智氏が創業、(株)パフォーミング・アート・センターが弁護士一任

東京商工リサーチ 9/12(月) 19:03配信

 (株)パフォーミング・アート・センター(TSR企業コード:018582729、法人番号:2011101017649、中央区日本橋人形町3-1-13、設立平成4年11月12日、資本金1000万円、野澤聡社長)は9月9日、事業を停止し、事後処理を安部井上弁護士(新宿法律事務所、新宿区西新宿1-8-1、電話03-3343-3984)へ一任した。
 負債は現在調査中。
 アニメ声優などの養成学校で、平成12年4月に(株)薔薇座企画から現商号へ変更した。創業者はアラン・ドロンの吹き替えや深夜のラジオ番組「パック・イン・ミュージック」のディスクジョッキーを務めた野澤那智氏で、同氏が平成22年10月に亡くなった以降は、息子である現代表者が事業を遂行していた。プロによるプロ育成のための養成学校として事業を展開し、創業者の知名度もあり一定の実績を残していた。
 しかし、業績不振などから多額の債務を抱えたことで事業継続が困難となり、今回の措置となった。

東京商工リサーチ

最終更新:9/12(月) 19:03

東京商工リサーチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。