ここから本文です

【中国渡航者限定】中国工商銀行口座を開設し、金利2.75%で預金する方法

マネーの達人 9月12日(月)5時13分配信

日本では長年、金利氷河期が続いており、銀行預金で資産増は全く望めません。そこで目を向けたいのが外貨預金です。

外貨預金と言っても国内の銀行を介して行う外貨預金は為替手数料が高く、為替動向によっては利息分が為替手数料と相殺になることも。

そこで先日考えたのが「カンボジアのプノンペン商業銀行で定期預金する方法」でした。

今回は、同じくアジアの中国。現地銀行で口座開設をして預金をするのは現実的か、調べてみました。

中国工商銀行口座を開設し金利2.75%で預金する方法

結論から言いますと、中国の現地銀行で口座開設し預金をする方法は、カンボジアのプノンペン商業銀行での預金よりもさらに現実的です。どのように預金を始め出金できるか、一通り見てみましょう。

中国工商銀行とは

中国には、中国銀行、中国工商銀行、中国建設銀行、中国農業銀行の4大銀行があり、今回スポットを当てるのはそのうちの一つ「中国工商銀行」になります。

実は、筆者が中国に旅行へ行ったとき、中国工商銀行の口座を開設しているんです。その銀行口座とカードを利用して預金方法から出金方法までをお伝えできればと思います。

中国工商銀行預金金利(2016年9月)

中国工商銀行の預金方法をお伝えする前に、工商銀行預金金利を確認しておきたいと思います。低金利で外貨預金してもほとんど意味はなく、これが重要ポイントになりますからね。

中国語サイトになりますが、中国工商銀行HPにて金利を確認してみました。

この金利表によると、定期預金金利は、

3か月:1.35%
半年:1.55%
1年:1.75%
2年:2.25%
3、5年:2.75%

と設定されているようです。当然、預金金利は時期によって変動になりますから、預金を始めるときにチェックする必要があるのは言うまでもありません。

高金利の定期預金を狙うなら3年または5年の定期預金がベストでしょう。いつでも引き出せるように普通預金で貯金しておくのも悪くないかもしれません。(出金方法は後述します)

普通預金金利は0.3%ですから、日本国内銀行で円建て定期預金するのとほぼ変わらない金利で預金できます。

1/3ページ

最終更新:9月12日(月)5時13分

マネーの達人