ここから本文です

国交省、ギャラクシーノート7の航空機内での電源OFF指示 爆発事故相次ぐ

sorae.jp 9月12日(月)13時0分配信

とうとうアメリカやオーストラリアに続き、日本でも警告が発せられました。国土交通省は9日、サムスン製スマートフォン「ギャラクシーノート7」の機内への持ち込みについて、「機内では電源をオフ/充電を行わない、受託手荷物として預け入れない」などの注意喚起を発表しました。
 
この問題は、今年8月に発表されたギャラクシーノート7に数多くの爆発や発火の報告が寄せられたことから始まります。サムスンはこれを受け、ギャラクシーノート7のリコールを発表。しかし事態の重大さから、各国の航空局によって同スマートフォンの機内での利用を禁止する声明が発表されていました。
 
爆発や発火の原因はギャラクシーノート7のリチウムイオン電池にあるとされており、またリチウムイオン電池は特に充電時に発熱することから、今回の方針が決定されました。また「受託手荷物として預け入れない」という項目は、貨物室での火災を防ぐ目的があるようです。
 
同スマートフォンはまだ国内では発売されていませんが、近い時期の日本への導入がうわさされていました。しかし製品に非常に高い品質が求められる日本市場にて、このような重大なトラブルを起こした機種がスムースに導入されるかどうかは不透明です。
 
ギャラクシーノート7は海外や個人輸入などで購入することもできますが、もし端末をお持ちの方はぜひ取り扱いに気をつけ、早急にリコールのプログラムなど受けて下さい。

最終更新:9月12日(月)13時0分

sorae.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]