ここから本文です

リオ五輪4位の男子セブンズ日本代表に日本ラグビー協会も報奨金贈呈へ

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 9月12日(月)17時13分配信

 日本ラグビーフットボール協会は9月12日、今年の夏に開催されたリオデジャネイロオリンピックで4位入賞を果たした男子セブンズ日本代表選手に、報奨金を贈呈することを決めたと発表した。

ティアティア氏がサンウルブズ新HCに就任決定! 契約期間は2シーズン

 金額は明らかにされていないが、同協会は「オリンピックという世界一を決める大会において、金メダル候補のニュージーランド代表を破る快挙を成し遂げ、ラグビーワールドカップでは一度も進めていない決勝トーナメント(ベスト8)進出を果たしました。決勝トーナメントでも、準々決勝ではフランス代表を破りベスト4に進出するなど、世界に衝撃を与えました。日本ラグビーの素晴らしさを改めて世界に伝え、日本国民はもとより、世界に感動と勇気を与えてくれた選手たちに敬意を表し、そして誇りに思っております」とコメントしている。

 リオでは準決勝でフィジー代表に敗れ、3位決定戦でも南アフリカ代表に屈してメダルを獲得することはできなかったが、オリンピックという最高峰舞台で次々とジャイアントキリングをした男子セブンズ日本代表の奮闘は記憶に新しい。

 8月31日には、ラグビー日本代表のオフィシャルパートナーである大正製薬が、リオで快挙を遂げた男子セブンズ日本代表に1200万円を贈呈すると発表している。

最終更新:9月12日(月)17時13分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。