ここから本文です

米商務省 中国製厚板、補助金相殺関税調査クロ仮決定

日刊産業新聞 9/12(月) 12:18配信

 米商務省は7日、中国、韓国製厚板輸入に対する補助金相殺関税(CVD)の調査で、中国製をクロとする仮決定を下した。210・50%の補助金率を認定した。米税関国境警備局を通じて預託金を徴収する。韓国製は補助金率が0・62%とわずかのため、シロとした。調査が続き、米商務省が来年1月に最終決定に至る運び。

最終更新:9/12(月) 12:18

日刊産業新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革