ここから本文です

女子ホッケー 小野選手リオ五輪振り返る/富山

チューリップテレビ 9月12日(月)23時20分配信

 リオデジャネイロオリンピックに出場した女子ホッケー日本代表で小矢部市出身の小野真由美選手が12日地元の小矢部市を訪れました。

 小野選手は「今まで努力してきたことはコートの上で出せた」と大会を振り返りました。
 小矢部市出身の小野真由美選手は11日まで所属チームの日本リーグの試合に出場、そのあと、実家のある小矢部市に戻りました。
 小野選手は自身2度目のオリンピックとなったリオ大会で5試合に先発出場、守備の要として奮闘しました。
 しかし、チームは1分け4敗で予選リーグを突破できず、目標としていたメダルには届きませんでした。
 小野選手は、小矢部市の桜井市長との懇談の中で「体力面では通用したもののスピードにおいて世界と差がある」と大会を振り返りました。
 リオ五輪を競技人生の集大成と位置づけていた小野選手ですが今後については、指導者の道も含めて今シーズン終了後に考えるということです。

チューリップテレビ

最終更新:9月12日(月)23時20分

チューリップテレビ