ここから本文です

英で「世界すき起こし選手権」、蒸気機関車のような耕運機も

AFPBB News 9月12日(月)11時42分配信

(c)AFPBB News

【9月12日 AFP】英イングランド(England)ヨーク(York)近郊のクロッキー・ヒル(Crockey Hill)で10日と11日、米国、ケニア、オーストラリア、ニュージーランドなど29か国から参加者が集まり、「世界すき起こし選手権(World Ploughing Contest)」が開催された。今回で63回目の開催となり、参加者たちは伝統的なコンベンショナル部門とリバーシブル部門で競い合った。11日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:9月13日(火)8時54分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。