ここから本文です

北川景子のガチすぎる“趣味”に嵐も驚き!ネットでは「本気のファンだ」「好感度高すぎる」

E-TALENTBANK 9/12(月) 20:50配信

10日放送の日本テレビ系「嵐にしやがれ」で、北川景子が自身の宝塚歌劇団への愛を語る場面があった。

番組にイモトアヤコと共にゲスト出演した北川は、「実は○○なオンナ」のコーナーで、「北川景子は宝塚愛が尋常じゃない女」と紹介される。

北川とは映画化もされた人気ドラマ、フジテレビ系「謎解きはディナーのあとで」で共演歴があり、北川の意外な趣味を知っていたと思われる櫻井翔は「ホント好きだよね」と話すが、北川は「尋常じゃないってほどではないです」と否定する。

ここで櫻井が、実咲凜音(宙組のトップ娘役)と前髪への思いをつづった北川のブログを紹介すると、そこには「みりおん様(実咲凜音)の美しさを見て、前髪を切ったことを後悔しました。みりおん様センター分け可愛すぎるよ…。なんで切ったんだろう前髪、戻ってこい前髪」と後悔のコメントが書かれており、周囲の笑いを誘う。

北川によると、当時は「切ったばっかりの時に観に行った公演でみりおん様がすごいキレイだったから」と2日前まで実咲と同じ髪形だったのに、髪を切ってしまった自分を「すっごいイヤになっちゃったんです」と自分を責めたのだそう。

その後、松本潤が「ファンレター書いたりとかするの?」と聞くと、北川は「というか遠征とか行ったり」と聞き慣れない単語を話し、他の出演者を困惑させる。遠征とは、宝塚が行う全国各地の公演を観劇することで、北川は遠征を始めて4年になるそうだ。

その説明を受け相葉雅紀は「でもさぁ、お会いできるでしょ? 北川さんだったら」と芸能活動をしていれば会う機会もあるのではと質問した。しかし北川は「いや、それは意味がないんですよ」と笑いながら返し、あくまでファンとしての活動をしていると説明したのだった。

Twitterでは北川の「宝塚愛」発言を聞いた視聴者から「北川景子ちゃんの宝塚愛話を聞いて『…同志だ!』って思ったよね」「好感度高すぎる」「ファンだとは知っていたが本気のファンだと知って嬉しかった。」「もう僕たちと同類ってことでいいかな?(笑)」「北川景子宝塚オタなのに美人でカワイイし旦那はDAIGOだし、最高だわ」「こんな美人なのに宝塚ガチ勢でしかもめっちゃちゃんとしたオタクなのめちゃめちゃ好感高いんですけど…」「完全にうちらオタクと同じで親近感」「私の中でますます景子ちゃんの好感度がUPです」と北川の活動への共感ツイートが溢れていた。

最終更新:9/13(火) 13:49

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]