ここから本文です

「セルティック・ファンの90%は恥ずかしいと思っている」 仲間のサポーターも激怒した「行き過ぎた行為」とは

theWORLD(ザ・ワールド) 9月12日(月)15時43分配信

スタンドに吊らされた空気人形

スコットランド・サッカーで最も有名なダービー・マッチ、セルティック対レンジャーズ戦が10日に行われ、本拠地セルティック・パークで戦ったセルティックが5-1のスコアで大勝した。

だがその試合中にスタンドではショッキングな出来事があったようだ。試合が開催された日は、世界自殺予防デーだった。そこでセルティックの一部のサポーターは、レンジャーズのマフラーを巻いたダッチワイフの首に紐をつけスタンドから吊り下げたのだった。

これにはセルティックのサポーターも「行き過ぎた行為だ」と激怒。Twitterでは「恥ずべきこと。こういう行為をするのはいつも少数派」、「セルティック・ファンの90%は人形をぶら下げた人たちを恥ずかしいと思っている。サッカーの話をしよう」と投稿され、話題になっていると英『The Sun』が伝えている。

だがこのダービー・マッチの騒ぎはこれで収まらず、レンジャーズの一部のサポーターは試合後、スタジアムで大暴れしている。大敗した反撃なのか彼らはセルティックのトイレを個室の壁や天井が剥がれ落ちるほど破壊しつくした。4年ぶりに行われたダービー・マッチは、ピッチの外で騒ぎが話題となっている。

※theWORLDオフィシャルニュースサイトでは、Twitterの写真をご紹介しています。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月12日(月)15時43分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合