ここから本文です

トルコ、自治体首長28人を一斉解任 クーデター未遂後の粛清と批判

AFPBB News 9月12日(月)15時40分配信

(c)AFPBB News

【9月12日 AFP】トルコ政府は11日、クルド人武装組織や在米のイスラム教指導者フェトフッラー・ギュレン(Fethullah Gulen)師との関係が疑われるとする自治体の首長28人を解任し、政権が任命した新たな首長と置き換えた。解任された大半はクルド人が多数派を占める自治体の首長。クーデター未遂に伴う非常事態宣言下で政府が国家緊急権を発動した措置で、非民主的な粛正だとの非難が高まっている。

 トルコ内務省は声明で、解任された首長のうち24人は同国南東部で破壊的な反政府活動を続ける非合法武装組織「クルド労働者党(PKK)」との関係が、また他の4人は7月15日のクーデター未遂事件の首謀者とされるギュレン師との関係が疑われると述べた。ギュレン師はこの容疑を否定している。

 首長解任の対象となったのは主にクルド人が多数派を占める南東部の自治体の首長で、PKKの活動拠点として知られるディヤルバクル(Diyarbakir)県のスール(Sur)地区やシルバン(Silvan)地区、マルディン(Mardin)県のヌサイビン(Nusaybin)地区など重要な都市が含まれている。

 映像はディヤルバクル県スール市庁舎前のバリケードや、放水銃を放つ警察。11日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:9月12日(月)17時12分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。