ここから本文です

江口実沙は準優勝、高畑寿弥が複で優勝 [大連/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 9/12(月) 11:00配信

 中国・遼寧省大連で開催されたWTA125Kシリーズの「大連女子テニス・オープン」(9月4~11日/賞金総額12.5万ドル/ハードコート)に第7シードで出場していた江口実沙(北日本物産)が、決勝でクリスティーナ・プリスコバ(チェコ)と対戦。江口から5-7 6-4 5-2の時点でリタイアしたため、プリスコバの優勝が決まった。

江口実沙がWTAツアー初のベスト4進出 [江西オープン]

 ダブルスでは高畑寿弥(橋本総業ホールディングス)とリー・ヤーシュエン(台湾)のペアがノーシードから勝ち上がり、決勝でニチャ・ラピタクシンチャイ(タイ)/ジェシー・ロンピス(インドネシア)を6-2 6-1で下して優勝を飾った。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Ret.は途中棄権

     ◇   ◇   ◇

日本人選手の結果

【シングルス決勝】

●16江口実沙(北日本物産)[7] 5-7 6-4 5-2 Ret. ○25クリスティーナ・プリスコバ(チェコ)

------------

【シングルス準決勝】

○16江口実沙(北日本物産)[7] 6-4 6-7(4) 6-3 ●5グレイス・ミン(アメリカ)

------------

【シングルス準々決勝】

○16江口実沙(北日本物産)[7] 6-2 6-0 ●10ユリア・グルシュコ(イスラエル)

------------

【シングルス2回戦】

○16江口実沙(北日本物産)[7] 6-3 6-4 ●13アナスタシア・ピボバロワ(ロシア)

------------

【シングルス1回戦】

○16江口実沙(北日本物産)[7] 6-3 7-5 ●15ルー・ジンジン(中国)[Q]

●14桑田寛子(島津製作所)6-7(6) 2-6 ○13アナスタシア・ピボバロワ(ロシア)

------------------------

【ダブルス決勝】

○13リー・ヤーシュエン/高畑寿弥(台湾/橋本総業ホールディングス)6-2 6-1 ●3ニチャ・ラピタクシンチャイ/ジェシー・ロンピス(タイ/インドネシア)

------------

【ダブルス準決勝】

●6大前綾希子/ピアンタン・プリプーチ(島津製作所/タイ)3-6 4-6 ○3ニチャ・ラピタクシンチャイ/ジェシー・ロンピス(タイ/インドネシア)

○13リー・ヤーシュエン/高畑寿弥(台湾/橋本総業ホールディングス)6-3 6-2 ●11ニギナ・アブドレイモワ/リジヤ・マロザバ(ウズベキスタン/ベラルーシ)

------------

【ダブルス準々決勝】

○6大前綾希子/ピアンタン・プリプーチ(島津製作所/タイ)5-7 6-0 [10-6] ●7チャン・チンウェイ/エミリー・ウェブリー スミス(台湾/イギリス)

○13リー・ヤーシュエン/高畑寿弥(台湾/橋本総業ホールディングス)6-3 6-4 ●15アレクサンドラ・クルニッチ/LI,Yuenu(セルビア/中国)[WC]

------------

【ダブルス1回戦】

6大前綾希子/ピアンタン・プリプーチ(島津製作所/タイ)Bye

○13リー・ヤーシュエン/高畑寿弥(台湾/橋本総業ホールディングス)7-6(7) 6-2 ●14ユリア・グルシュコ/タミラ・パシェック(イスラエル/オーストリア)

●2江口実沙/桑田寛子(北日本物産/島津製作所)4-6 6-7(2) ○1ニコール・メリチャー/アリシア・ロソルスカ(アメリカ/ポーランド)[1]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

※写真は昨年の東レPPOの予選での江口実沙
Photo:TOKYO, JAPAN - SEPTEMBER 21: Misa Eguchi of Japan in action during her women's singles match against Olga Savchuk of Ukraine during day one of the Toray Pan Pacific Open at Ariake Colosseum on September 21, 2015 in Tokyo, Japan. (Photo by Koki Nagahama/Getty Images)

最終更新:9/12(月) 11:00

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]