ここから本文です

【MLB】3年目にして故障離脱ゼロの田中将大 地元メディア「頼りがいあるエース」

Full-Count 9月12日(月)9時29分配信

開幕から先発ローテを守り抜く今季、安定した活躍でチームを牽引

 10日(日本時間11日)本拠地でのレイズ戦で8回途中10K1失点の快投で、チームを7連勝に導いたヤンキース田中将大投手。今季先発した29試合でチームは22勝7敗と大きく勝ち越し、シーズンを追うに連れ、田中の評価はうなぎ上りしている。最近先発した7戦でチームは全勝。自身も6勝無敗、防御率1.94という好成績を残す右腕について、米スポーツ専門局ESPNの公式サイトでは「マサヒロ・タナカがヤンキース最高の選択肢に戻った」と題した記事で特集している。

田中将大のNPB・MLBでの年度別通算成績

 メジャー1年目だった2014年は右ひじ靱帯を部分的に損傷、昨年は右前腕の故障と太ももの痛みを訴え、これまで年間を通じて健康体で過ごしたことがなかった田中だが、今季は開幕時から先発ローテを守り抜いている。しかも、ローテーションを守るだけではなく、今季は22試合でクオリティスタート(QS、6回以上を投げて自責点3以下)を記録。先発の柱としてチームを勝利へ牽引するパフォーマンスを披露している。

 2014年1月にヤンキースと7年1億5500万ドル(約159億1540万円)という超大型契約を結び、鳴り物入りで名門入りしたため、当然ながら田中に掛かる周囲の期待は大きかった。メジャー1年目の前半こそ好スタートを切ったが、そこから故障続き。2年連続で先発ローテを守り切れず、辛口のNYメディアからは「期待外れ」の声が多く聞こえてきた。だが、3年目を迎えた今季は開幕当初から負け知らず。制球に苦しむこともあったが、シーズンを追う毎に調子を上げ、不安定なヤンキース先発陣を1人背負って立っている。

先発29試合でチームは22勝7敗、ジラルディ監督「彼が先発する時は安心できる」

 楽天時代の2013年に見せた24勝無敗という驚異的な勝ち運が、わずかながら片鱗を見せる今季。記事によれば、ジラルディ監督は「彼がチームを牽引し、非常にハイレベルなパフォーマンスを続けてくれている。彼が先発する時は安心できる」と、先発陣を支える“エース”に対して今までにない大きな信頼を寄せているという。

 田中の活躍もあり、ヤンキースはワイルドカード枠でプレーオフに進出できる可能性が高まってきた。プレーオフ進出が叶えば、2012年以来4年ぶりのこと。そこで勝ち抜くためにも田中の好調維持は必須だが、記事では「頼りがいあるエースがいることは大きな助け。田中はそういう存在になった」と最大級の賛辞を送っている。

 8月にメジャー昇格を果たした新人捕手サンチェスとの息もピッタリで、バッテリーを組んだ5試合でチームは全勝、田中自身は4勝無敗を記録する。日本出身の田中とドミニカ共和国出身のサンチェスは、それぞれ通訳を介してメディア対応するが、マウンド上では英語でコミュニケーションを図るという。記事によれば、どちらの方が英語が上手いか質問された田中は、通訳を介さずに「サンチェス」と笑顔で即答したそうだ。よき女房役を見つけた田中は、チームをプレーオフに牽引できるのか、注目は高まる。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月12日(月)9時44分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。