ここから本文です

迫力の能・狂言飾り面 会津信用金庫本店で展示会、30日まで

福島民友新聞 9月12日(月)14時12分配信

 会津若松市の能・狂言の飾り面作家伊藤潤一さん(60)は30日まで、同市の会津信用金庫本店で展示会「能・狂言の飾り面」を開いている。来場者が迫力ある面に見入っている。

 伊藤さんは同信金の取引先でつくる「たから会」に所属したのをきっかけに、同店での展示を始めた。能面などをつくる団体「清宝会」で技術を磨いている。会場には、伊藤さんが1年かけて制作した力作「雷(いかづち)」「要石悪尉」など約30点を展示。伊藤さんは「能の文化を知るきっかけになればうれしい」と、来場を呼び掛けている。

福島民友新聞社

最終更新:9月12日(月)14時12分

福島民友新聞