ここから本文です

24歳プリスコバ、初のグランドスラム決勝に手応え [全米テニス]

THE TENNIS DAILY 9/12(月) 18:00配信

 アメリカ・ニューヨークで開催されている「全米オープン」(8月29日~9月11日/ハードコート)の女子シングルス決勝。

 第10シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)は初のグランドスラム大会決勝にもまったくナーバスにならなかった、と言った。

 これまでグランドスラム大会で4回戦に進出したこともなかったプリスコバが、来週初めて世界1位になることが決まったばかりの第2シード、アンジェリック・ケルバー(ドイツ)を相手に戦った初めての決勝で、第3セットでワンブレークし、3-1とリードを奪った。

 6-3 4-6 6-4と最後はケルバーの勝利に終わった試合でふたりに違いを生んだのは、おそらくケルバーの経験だったかもしれない、とプリスコバは言った。ケルバーは今年、全豪オープンで優勝し、ウィンブルドンでも準優勝している。

新女王としての自信と責任が宿る栄冠、ケルバーがプリスコバとの接戦制す [全米オープン]

 ケルバーの高いディフェンス力がプリスコバの攻撃にプレッシャーをかけ、彼女は多くのミスをおかすことになった。

 プリスコバは、 「負けたことを悲しく思う」とも言った。しかし彼女は何より、決勝、そしてここ2週間にわたるニューヨークでの自分のパフォーマンスについて、「自分自身を誇りに思う」そうだ。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

最終更新:9/12(月) 18:00

THE TENNIS DAILY

なぜ今? 首相主導の働き方改革