ここから本文です

楽天、球団シーズン最多観客動員を更新 68試合で達成

Full-Count 9月12日(月)22時17分配信

オリックス戦で計153万4240人を記録

 楽天は12日、同日のオリックス戦(Koboスタ宮城)で球団1軍主催試合のシーズン最多観客動員を更新したと発表した。今季はここまでの68試合で153万4240人を記録。昨季の152万4149人を上回った。記録更新となった一戦で楽天は11-2と大勝した。

 以下が各シーズンの観客動員数。

2005年(68試合)97万7104人(1試合平均:1万4369人)
2006年(68試合)95万1723人(1試合平均:1万3996人)
2007年(72試合)111万7369人(1試合平均:1万5519人)
2008年(72試合)114万9061人(1試合平均:1万5959人)
2009年(72試合)120万3169人(1試合平均:1万6711人)
2010年(72試合)114万1640人(1試合平均:1万5856人)
2011年(72試合)116万8188人(1試合平均:1万6225人)
2012年(72試合)117万7793人(1試合平均:1万6358人)
2013年(72試合)128万1087人(1試合平均:1万7793人)
2014年(72試合)145万233人(1試合平均:2万142人)
2015年(71試合)152万4149人(1試合平均:2万1467人)
2016年(68試合)153万4240人(1試合平均:2万2562人)

※Koboスタ宮城以外の主催試合の観客数も含む。今シーズンの残り主催試合は4試合。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月12日(月)22時17分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。